包茎施術を受ける際の注意点【未来の自分のために我慢】

男性特有の病気

グッド

性行為の障害となることも

男性には女性にはない特有の病気がありますが、ペロニー病もそのひとつです。ペロニー病は陰茎硬化症とも呼ばれており陰茎海綿体の白膜にしこりができることが特徴的です。ペロニー病になったことがわかる初期症状としては、勃起時に痛みがあり、その痛みが性行為の妨げとなってしまうこともあります。さらに陰茎が曲がる、短縮するなどの症状が出ることも多くなっています。ペロニー病の原因ははっきりとはわかっていませんが、事故や手術による陰茎へのダメージ、性行為時のダメージなどが要因しているのではないかとされています。この他では遺伝的な要素や糖尿病や高血圧などの疾患、前立腺の摘出手術など生殖器の手術をした人にもなりやすいと言われています。ペロニー病であるかどうかは医師に判断してもらうことになりますが、診察の方法としては触診で硬い部分があるかを判断し、勃起時の曲がり具合などもチェックします。治療方法は内服薬による治療と、手術療法が用意されています。症状は人それぞれ違いがありますので、診察や検査を行いどのような対応が最適であるかを判断してもらいましょう。薬物療法は病状の進行を抑えるために行われるものでビタミンEやトラニストの内服治療、時にはステロイドによる注射が行われることもあります。陰茎の湾曲があまりに悪化し、性行為が難しくなるという場合は手術が行われることもあります。手術にはリスクもありますので、慎重に治療を進めていきましょう。

Copyright© 2018 包茎施術を受ける際の注意点【未来の自分のために我慢】 All Rights Reserved.